2011年08月12日

さがみの黒だぬき

久しぶりにお話シリーズです。

相模の黒たぬき

昔、一匹のたぬきが川を渡ろうとしていました。
でもたぬきは水に濡れるのが好きではありません。
そこで、亀石さんたちに橋を作ってもらうためにこう言いました。
クマ「亀石さん!みんなでいくつあるか数えてあげるから並んでごらんよ」
カメ『たぬきさんありがとう、じゃあ向こう岸まで並んでみるね』
川1.jpg

クマ「そうそうその調子!」
川2.jpg

クマ「わ〜い!こんなところまで来た!実はぼくが渡るために並ばせたんだぁ〜〜」
川3.jpg

カメ『なんだ!おれたちをだましたのか!けしからん!おまえを食べてやる〜〜!」
クマ「あれ〜〜〜〜!」
川4.jpg

黒だぬきは、命からがら逃げ出しましたが、すっかり毛皮を剥がされてしまいました。
川0.jpg
クマ「夏はかえってこのほうがいいよGood
ニックネーム ポティ at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | お話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

A greedy dog

あるところに、よくばりな犬がいました。
ゆき5.jpg

一攫千金を狙うぞ!と出かけていきました。
ゆき1.jpg

棚からぼたもち!
ゆき2.jpg

濡れ手であわ!
ゆき3.jpg

そんなにうまくはいきません。
全部、口の中で溶けてしまいます犬(泣)


ニックネーム ポティ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

なぜ、ティアラの毛は、もこもこではないのか?

昔、ティアラには専属の洋服やさんがいました。
洋服やさんの作ってくれる、黒のダブルコートは、みんなが
「つやつやしていて素敵ね」とほめてくれました。
どんな人が作ってくれているんでしょう?
ティアラは洋服やさんに会った事がなく、いつもネット注文なのです。
好奇心あふれるティアラは、ある日、工場にのぞきに行きました。
だちょう3.jpg

すると工場ではなにやら怪しい影が動いています。
だちょう2.jpg

隙間から見えたのはなんとダチョウさん!
なんとティアラの服は、ダチョウさんが自分の羽根を抜いて織ってくれていたものだったのです。
だちょう1.jpg

「ティアラさん、ついに見てしまいましたね。
この秘密を知られてしまっては、もうあなたの服を作ることはできません。
さようなら〜」
ダチョウの洋服やさんは、オーストラリアに帰ってしまいました。

ティアラは困って、いつもマフラーをお願いしている白鷺さんに、コートも作ってと頼みにいきました。
白鷺さんは、「服の色を変えるなんてとんでもない!
黒いコートにこそ、白いマフラーが映えるんですよ。」と言いました。
だちょう5.jpg

青鷺さんも、「私のお店はブルーマールさんのコートの予約で一杯なの」と言いました。
ティアラはがっかり。
だちょう6.jpg

それ以来ティアラは薄くなってしまった黒いコートのままなのです。

富士さん、冬は白いコートがお似合いですね。
うらやましいな。
だちょう4.jpg


ニックネーム ポティ at 13:54| Comment(4) | TrackBack(0) | お話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

ブレーメンの音楽隊

ブレーメンの音楽隊るんるん
ブレーメン5.jpg

泥棒を見つけて攻撃開始!

コッケコッコ〜!
ブレーメン1.jpg

ニャオ〜ン!
ブレーメン4.jpg

ヒヒ〜ン!
ブレーメン2.jpg

あれ?一つ抜けましたね。
ワッン!ワッン!ワ〜ン!
ブレーメン3.jpg
ちょっと腰がひけてますよ猫(笑)



ニックネーム ポティ at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | お話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

なぜ、日蝕が起こるのか?

昔、韓国に、闇の国がありました。
韓国6.jpg

その国はいつも真っ暗でした。
だから火の犬がたくさん飼われていて、
交代に火を取って来て王様の周りを照らしていたのです。

あるとき王様は、太陽の火を取ってこいと、一番勇敢な犬に言いました。
犬はさっそく太陽のところへ行きがぶっと噛んでみましたがやけどをしてしまいました。
韓国3.jpg

次に王様は、月の火を取ってこいと、二番目に勇敢な犬に言いました。
犬はさっそく月に行ってがぶっと噛んでみましたが、
氷のように冷たく、ずぶ濡れになってしまいました。
韓国4.jpg

今でも王様の命を受けた火の犬が、太陽や月をがぶっと噛みに行きます。
韓国2.jpg

そのたびに日蝕や月蝕が起こるんですって。
韓国5.jpg

(原作 韓国昔話   出演 韓国の自由犬)
ニックネーム ポティ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

ティアラ VS 吸血鬼

森の中にたたずむカモシカのようなティアラ
ヒル.jpg

そこへ襲い掛かるドラキュラ伯爵!というかゾンビ?
ヒル2.jpg

一人二役はちょっと忙しすぎっ!あせあせ(飛び散る汗)
でも緊急なので役者が揃うのは待てないんです。

ティアラの白いお手手に血がタラタラ。
ドラキュラ伯爵の牙にかかってしまったのです。
あわてて水で流しましたが、気がつかなかったお母さんの足にもくっついていて、しばらく血が止まりませんでした。

ドラキュラ伯爵の正体は山ヒル!
吸血するときには、牙を刺す時の痛みをなくし、血の固まるのを妨げる「ヒルジン」という物質を出すので、刺されているのも気づかず、傷口からタラタラと出血が続きます。

丹沢の仏果山での出来事でしたが、
丹沢山地東部で雨上がりには特に多いそうなので気をつけてくださいね。
ニックネーム ポティ at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | お話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

Bearch of angels

かまくら8.jpg
ここは神々と天使のいる天国。

かまくら2.jpg
ちょっと下界へ行ってみようかな。

かまくら3.jpg
『着きましたよ。』  『乗せてくれてありがとう。』

かまくら4.jpg
お〜!雲のかわりに、この乗り物に乗るんですね。

かまくら5.jpg
虹のたねが、天から落ちたとの? きれいですね。

かまくら6.jpg
くんくん、美味しそうなものを召し上がっていますね。
材料は?

かまくら7.jpg
なんと食材は無限にあるのですね。





ニックネーム ポティ at 19:03| Comment(4) | TrackBack(0) | お話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

ももたろうの家来

くじゃく3.jpg
犬 『一緒に鬼が島に行きませんか?』

くじゃく2.jpg
鳥1 『わたしはキジではありませんよ。くじゃくです。』

くじゃく5.jpg
鳥2 『ぼくたちもキジではありません。ホロホロ鳥です。』

くじゃく4.jpg
鳥3 『ゴブル、ゴブル!私が一緒に行ってあげようかい?』
犬 『あなたはもしかして七面鳥!』


犬の回想‥‥‥‥
くじゃく7.jpg
(あ〜去年食べちまったな顔(なに〜)。)





ニックネーム ポティ at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | お話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

3羽の鴨

『ぼくたち、もう大きいから3兄弟で暮らすよ』
鴨1.jpg
『いってらっしゃい。気をつけてね』by パパ&ママ
3羽の鴨1.jpg
『あぶない!なにか黒い影が!』
3羽の鴨4.jpg
『おおかみだ!逃げろ!』
3羽の鴨5.jpg
『ぼくらのおうちが必要だね。わらのおうちなら大丈夫』
3羽の鴨2.jpg
『あっ!また来た!隠れろ!』
3羽の鴨7.jpg
『ほら、お母さんですよ。お手手が白いでしょ?』
3羽の鴨6.jpg
ティアラさん、それは違うお話ですよ猫(笑)あせあせ(飛び散る汗)


ニックネーム ポティ at 14:17| Comment(2) | TrackBack(0) | お話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする